MENU

喪服クリーニングは毎回するべき?四十九日前に出さないのはアリ?

型崩れしやすい喪服は、自宅での洗濯が難しいのでクリーニングに出しますよね。

ただ、喪服って普通の服よりクリーニング代が割高で、できればクリーニングの回数を減らしたいところです。

 

近しい関係の方の葬儀だと

・お通夜
・告別式
・四十九日

と、喪服を着る機会が続きます。

告別式が終わって、四十九日前にクリーニングに出すのか、出さないのか。

その基準が知りたいですよね。

 

喪服クリーニングは毎回するべきか?
四十九日前にクリーニングに出した方がいいか迷ってる

そんなあなたのお悩みを解決していきます!

目次

喪服クリーニングは毎回するべき!

基本的には、喪服は1度着用したら毎回クリーニングをするのがおすすめです。

ほこりや線香の煙、会場でじんわりかいた汗など、見えなくても汚れがついています。

汚れを放置することで、頑固なシミになったり、カビが発生する可能性も考えられます。

 

ただ、喪服のクリーニングって高いんですよね…

喪服クリーニングの料金相場

喪服クリーニングの料金相場は

ジャケット 1,000〜2,000円
パンツ 700円
ワンピース 1300円

ジャケットとパンツセットで出すと2,000〜3,000円とまぁまぁしてきます。

この料金だと、頻繁に出すのは迷うところですよね。

では、どういうパターンだと喪服をクリーニングに出さなくても大丈夫なのでしょうか。

店舗に行かなくてもクリーニングが完了できてしまう便利な宅配クリーニング大手の『リネット』の礼服・喪服料金や体験レポはこちらをチェック!

四十九日前に喪服クリーニングしなくていいパターンは?

告別式から四十九日まで1ヶ月程度。

その間、喪服をクリーニングに出さなくても大丈夫という基準を考えてみました。

告別式〜四十九日間にクリーニングに出さないパターン
  • お通夜や告別式で飲食なし
  • 着用時間が数時間と短い
  • 真夏ではなく、汗をかいたという感じはない

この基準で四十九日後にクリーニングに出している私の場合は、今の喪服を購入してから7年ほど経ちますが、虫食いやカビ、黄ばみなどは一切ありません。

 

最近はコロナの影響もあって、葬儀の後の飲食なしというパターンも多いですよね。

飲食を伴うと、気付かないうちにシミができていることも多いです。

 

何か食べ物や飲み物がこぼれてシミになっている場合、早くクリーニングをしないと汚れが落ちにくくなってしまいます。 

短時間着用であっても、シミができてしまった場合はクリーニングに出すのがおすすめです。

宅クリ博士

もし飲食を伴った場合は、袖やジャケットの身頃、ズボンの裾やモモのあたりなどをよく確認してみるんじゃ。

わしの経験上、ここがシミのある確率が高いぞ!

 

汗の匂いや汗染みも、時間が経つにつれひどくなることもありますので、この場合は四十九日を待たず一度クリーニングに出すのがおすすめです。

ナミ

お持ちの喪服の素材がウール多めなど、デリケートな素材だとよりトラブルが出やすくなりますので、お持ちの素材も見ながら判断してみてくださいね。

喪服をクリーニングに出さない時のお手入れ・保管方法

お通夜・告別式〜四十九日の間にクリーニングに出さない時、出す時に分けて、お手入れ・保管方法を見ていきましょう。

まずは、喪服をクリーニングに出さないで、とりあえず保管しておくという時、このお手入れをしておくといいというものを紹介していきます。

①硬く絞ったキレイなタオルで首・袖口をたたく

汚れていないと思っても、意外に汚れているのが首周りや袖口など直接肌が触れる部分です。

お持ちの喪服の素材にもよりますが、ポリエステルなど比較的丈夫なものでしたら、硬く絞ったタオルで汚れのある首元・袖口を軽くたたきぶきすると、比較的キレイになります。

強く叩きすぎると、テカリが出たり寄れたりしますので、加減してくださいね。

②線香の匂いとりにスチームアイロンか風呂場干し

お葬式の後に一番気になるのは、お線香の匂いですよね。

線香の匂いとりには、スチームアイロンで蒸気を当てるのが効果的です!

喪服についた蒸気が臭いを吸収して、蒸発することで、臭いがとれるんです。

ナミ

デリケートな素材では直接スチームを当てるとテカっちゃうから、あて布をしてくださいね!

 

実際のスチームのあて具合は、こちらの動画を参考にご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次